トップ > ここがポイント > 仮組みする

仮組する

パーツを切り離し、バリを取り、接着面を平らにならしたら、接着する前に仮組みをしましょう。
仮組みとはパーツを接着する前に、マスキングテープで留めるなど分解できる方法で組み立てる作業です。

仮組みは以下のような目的で行います。
・パーツ同士がきっちり噛み合うか確認する
・全体のプロポーションなど確認し、キットの問題点を把握する。

最近のキットはパーツの噛み合わせ、プロポーションとも精巧に出来ており、素組みで作成する場合あまり必要のない作業ですが、ディティールアップや改修・改造する場合には必須の作業です。

スナップフィットと呼ばれる接着剤不要のキットで仮組みする場合、はめたら最後抜けなくなる場合があるので注意してください。

ページの先頭へ▲